合同説明会では多くの企業ブースを回ろう

###Site Name###

合同説明会は、その地域にある広いイベント会場で開催されることが多く、参加したがただ人混みに振り回されただけで終わってしまうケースが少なくありません。

選考に携わる人事の社員に会えるチャンスではありますが、何の準備もせずに参加しても、あまり収穫がないのが実情です。

せっかく様々な企業のブースがあるのだから、1つでも多くのブースを回ってみるのが、合同説明会の基本的なスタンスになります。

学生はまだ社会経験が浅く、アルバイトと同じ感覚で考えがちですが、早く正社員として働くイメージを持たなければいけません。
そのために合同説明会における社会人との接触が役立ち、参加していない学生に大きな差をつけられます。


ただし、合同説明会の当日は順番待ちになる企業ブースもある上に、会社の紹介として同じ説明を繰り返す形式ゆえ、人気企業にこだわりすぎずに空いている企業ブースに入るといった柔軟な対応が求められるのです。



行列で待っている時間は何の経験にもならないから、予めどこにどの程度の時間を割くのかをシミュレートしておきましょう。



たとえ、世間一般のイメージでは小さな会社だとしても、社員を雇って経営を成り立たせている立派な営利組織であり、学生の知識だけでは分からないアドバンテージを持っているケースがよく見られます。

同業種であっても社風による違いがあるので、多くの企業ブースを見て回って、その違いを肌で実感するのが、合同説明会の主な目的です。